FC2ブログ

2月

 2月は如月:きさらぎというとても響きの美しい季節です。またイベントは節分、バレンタインデーなどです。 1月は思いの外、暖冬でしたが、実際には一年の中で2月が、最も寒さが厳しく、雪も多い季節です。
 暦の上では3日に節分、4日には「立春」を迎え、寒い中でも、 少しづつですが、春が始まり日差しが伸び、春の植物が咲き始め、東風が吹くなど、 寒さと新年から張り詰めていた緊張から、心もホッとひと息つくことができるでしょう。しかしこの時期がインフルエンザ、また中国で発生しているコロナウイルス肺炎は日本にもやってきてます。体調を崩す時期です。うがい手洗いマスクなど自己防衛対策をしっかり行って、2月を乗り切りましょう。
スポンサーサイト



12月

12月22日は二十四節気の一つ『冬至(とうじ)』冬至は一年で昼が最も短い日です。
冬至にはゆず湯に入り、かぼちゃを食べる風習がありますね、ゆず湯は血行が良くなり身体が温まるため、風邪を防ぎ皮膚を強くする効果があるそうです。昔の人の知恵はすごいですね。
 またかぼちゃにはビタミンEやβカロテンが豊富で肌や粘膜を丈夫にし、感染症などに対する抵抗力をつけることができ、冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言われ、また、美肌効果の高い食材だそうです。 冬至の約2週間前に大雪(雪が激しく降り始めるころ)があり、冬至の約1ヶ月後に大寒(最も寒さの厳しいころ)があります。 10月の台風被害にあわれた地域の方々どうぞお身体くれぐれもご自愛ください。
 10月は台風と大雨による災害で、被災にあわれた方、今も後片づけに追われている方々にお見舞いを申し上げます。持病のある方はもとより、疲れによる免疫力の低下での感染などを心配しています。一時でも早く元の生活に戻られる事をお祈り申し上げます。
 11月といえば、文化の日を中心とした文化祭、七五三や酉(トリ)の市へ向かう家族連れ等で賑わう月ですが、一方では、冷え込みが厳しくなり、インフルエンザの予防接種に足を運ぶ人も多い季節です。
体調管理には十分気を付けて過ごしたい時期です。皆様お身体くれぐれもご自愛ください。
さわやかな好季節味覚の秋、菊の香りもすがすがしいさわやかな季節の10月です、紅葉や秋祭りといったイベントも沢山ありますね。
そして今では、10月31日付近のハロウィンの仮装イベントが、ここ数年で盛んに行われています。それにともなって、街ではいたるところがハロウィン模様となっていますね。
  そもそもハロウィンって何なの?
ハロウィンとは簡単に言うと「日本のお盆」のようなもの(まあ、違うと言えば違いますが。)で、「死者の霊が親族を訪れる夜」とされている風習です。ハロウィンで仮装するのは、魔物に魂をとられないために、自ら魔物の格好をして悪霊や魔物から身を守った(魂を持っていかれないようにした)事が由来なんですって。
また秋の9月や10月などに花粉症の症状が現れたら、スギやヒノキの花粉ではなくイネやブタクサなどの花粉による花粉症の可能性が高いとのこと。このように様々な種類の花粉があることから、一年中通して花粉に悩まされる人もいるので、花粉に敏感な人は注意したいですね。
皆さま、こんにちは。
7月に入り、いよいよ暑い季節も目前に迫ってまいりました。…が、その前にやってくるのが梅雨の時期です。
少し憂鬱なこの時期を、快適にそして元気に乗り切りましょう‼

湿度が上がり、気圧や気温の変化が激しくなる梅雨の時期は、内蔵機能や自律神経の働きの低下などがおこりやすいものです。
日々の生活の中に「梅雨の健康対策」を取り入れていきましょう。

梅雨の大敵といえば「湿気」。
湿度が高くなると、普段よりも体内の水分が出にくくなり、身体の浮腫みの原因になってしまいます。
簡単短時間で良いので、ストレッチや筋トレなど負担にならない範囲で挑戦しましょう。
また、心地良い睡眠環境を整えるためには、温度調整だけではなくエアコンの除湿機能を上手に活用することもお勧めです。

夏本番前にバテてしまわないよう、皆さまご自愛ください。

 | ホーム |  前のページ»»