FC2ブログ

7月のご挨拶

長梅雨が続いておりますが、皆さん体調管理は大丈夫でしょうか。 昨年は水不足が心配されるぐらい雨が少なかったですが、今年は梅雨が1ヶ月続きそうで、昨年10月と今年7月には長野県も水による災害があったりで、天候が毎年不安定になったと実感します。
今度は西日本山陰に大雨で多くの方が被災されています。
先日テレビのニュースで、河川の氾濫危険水位を超えたのが2014年に83件であったのが、2019年年には403件と5年で約5倍になったとの事。今回の一連の大雨だけでもかなりの件数になりそうですが、日頃からハザードマップなどの確認をして命を守る行動をしていきたいと思います。異常気象の時代、地球規模で考えたいといけないですね。そして何時も警戒を怠らないようにしないと・・・と思うと、かなりストレスが 、天気の良い日は軽い散歩、体操などして身体を動かしてください。
不安定な天気が続きますが、梅雨明けはもうすぐでしょう❣ 皆さんお身体大切にしてください。
スポンサーサイト



 皆さんいかがお過ごしでしょうか、長い緊急事態が徐々に緩和されてはまいりましたが、自粛生活で体重などは増えてませんか? この1か月で3㎏増えた方、いませんか?体重が増えると、血圧も高くなります。血圧が高くなると、心筋梗塞・脳梗塞になりやすくなります。また、倦怠感、頭痛などもおきます。国のガイドラインでは、75歳未満の方は、130/80未満、75歳以上の方は、140/90未満 が目標です。血圧が150を超えている方は、主治医の先生にご相談していただきたいと思います。
 また適度な運動も必要で、30分歩いて、夜は野菜中心の食事にしましょう。筋トレして、筋肉をつけないと、やせないし、太りやすい体になってしまいます。私自身も不要不急な外出を極力避けていました、運動しようにも狭い自宅でできる運動も限られていますよね。関節の運動および家事etc・・・2か月で体重も増えて血圧もやや高めになってしまいました。これからは外での運動を考えておりますが、人と人との距離(ソーシャルディスタンス)2mを保ちつつ、マスク、外から帰ったらうがい手洗いを充分して軽い散歩から始めたいと思います。まだまだコロナの第2波、第3波が来る可能性があるようです、梅雨に向け体調を崩しやすくなります、皆様油断せずに頑張りましょう。
 新緑がまぶしい5月を迎えました。新年度のあわただしさも少し落ち着いてきたころでしょうか。いろいろな環境の変化にも少しずつ慣れて、仕事や生活も軌道に乗り出す頃かもしれませんね。そして一方では、皆さんも、目まぐるしさの中で少しずつたまってきてしまった疲れが出て、心身ともに不調を感じているかもしれません。そんな中「新型コロナウイルス」の感染が長野県でも確認され、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられたことです。
 しかし外に出ただけ、人とすれ違っただけでは感染しないので、食料などの買い物や気分転換のための散歩はしてもよい。外出の際に最も大切なのは、換気の悪い密閉空間、人が密集する場所、密接した近距離での会話の『3つの密』を徹底的に避けること」です。
 私たち一人一人ができるのは、手洗いやマスクなどの感染対策をして、『3つの密』を避けることです。自分を守り、感染のリスクが高い持病をお持ちの方、ご高齢の方などを守るという意識をそれぞれが強く持ってほしいと思っております。

正しい手洗い

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
先月からの新型コロナウイルスの感染流行により、皆様の生活にも少なからず影響が出ているのではないかと思います。
毎日繰り返されるニュースに不安が増しますが、自分にとって必要な情報を見分けて「正しく怖がる」ことが大切だと言われています。

そのような中、私達に出来る最大の感染予防は・・・何と言っても「手洗い」。
では、正しい「手洗い」のポイントとは??

手のひらをゴシゴシするだけで、満足していては間違えです。
忘れがちなのが、指先や指の間、手首。
しっかりと泡立てた石鹸で、隅々まで優しくていねいに洗いましょう。

石鹸で洗った後は、流水で充分に洗い流します。
この時、意外と洗い残しが多いのだとか。
洗い始めから洗い流しまで、少なくとも30秒はかけましょう。

また見落としてしまいがちなことに「手拭きタオルの交換」が挙げられます。
せっかくていねいに洗っても、細菌が増殖したタオルで拭いては逆効果。
「湿ったら取り替える」マメな交換も、より効果的な手洗い習慣の一つとして心がけましょう。

今シーズンは、新型コロナウイルス感染予防のため多くの方が手洗いやマスクの使用に努めたことで、例年よりインフルエンザの罹患者が大幅に減少しているそうです。
こうしたデータからも、最も簡単で基本的な予防法が効果的だと言えるのではないでしょうか。

心配は尽きませんが、自分にできることを積み重ね頑張って乗り越えたいですね。


2月

 2月は如月:きさらぎというとても響きの美しい季節です。またイベントは節分、バレンタインデーなどです。 1月は思いの外、暖冬でしたが、実際には一年の中で2月が、最も寒さが厳しく、雪も多い季節です。
 暦の上では3日に節分、4日には「立春」を迎え、寒い中でも、 少しづつですが、春が始まり日差しが伸び、春の植物が咲き始め、東風が吹くなど、 寒さと新年から張り詰めていた緊張から、心もホッとひと息つくことができるでしょう。しかしこの時期がインフルエンザ、また中国で発生しているコロナウイルス肺炎は日本にもやってきてます。体調を崩す時期です。うがい手洗いマスクなど自己防衛対策をしっかり行って、2月を乗り切りましょう。

 | ホーム |  前のページ»»